トップページ > 会社案内 > 会社沿革

会社沿革
大正13年4月 初代社長平澤友雄が「平沢友雄商店」として医科器械・理化学器械の販売を開始
昭和20年 第二次世界大戦の末期に戦災のため一時中断、戦争終結直後に営業を再開  
昭和24年6月 「平沢友雄商店」の業務を引き継ぎ、出資額60万円で「有限会社平沢製作所」を設立、初代社長に平澤友雄が就任  
昭和30年 医学研究機器の研究開発に努め、実用新案権などテーハー(トレードマーク)製品の生産販売を開始  
昭和31年 京都市で開催された医学総会の併設展示会に初めてテーハー製品を出品し好評を博す  
昭和32年 日本全国にテーハー製品の販売を開始
現社長平澤喜久雄が入社
 
昭和35年 東京都で開催された医学総会の併設展示会に、初めてテーハー製品の総合カタログを配布
地方代理店網を日本全国に拡大
 
昭和37年 東京都・産業会館での全日本科学機器展に初めて出展し、科学研究分野にも販路を拡大  
昭和39年 総合ダイジェスト版カタログを発行・配布  
昭和41年 第1期の製品開発で20件を越える実用新案権を取得  
昭和42年 初めての本格的な総合カタログNo.11を発行・配布  
昭和43年6月 本社テーハー・ビルが新築落成
出資額を1000万円に増資
 
昭和44年 テーハー製品の生産設備を拡充し、出資額を2000万円に増資  
昭和48年 第2期製品開発で画期的なウォータージャケットCO2培養器の販売を開始、テーハー製品の販売高が飛躍的に増加
 
昭和49年 創業50周年・会社設立25周年を迎え、出資額を2500万円に増資
大改定した総合カタログNo.16を発行・配布
 
昭和50年 商品技術センターを新設し、全製品を製品検査の上出荷する体制を確立  
昭和53年6月 初代社長平澤友雄が引退し、現社長平澤喜久雄が社長に就任  
昭和56年 第3期の製品開発で、テーハー製品が日本全国で好評を集める
中華人民共和国・上海の展示会に出展し、輸出契約を成約し輸出増大の基礎とする
 
昭和59年 テーハー製品を拡充にともない、新製品を掲載して総合カタログNo.24を増頁し発行・配布  
昭和60年 中華人民共和国への輸出量が年々増加し、技術提携のうえCO2培養器の現地組立生産を開始  
昭和61年9月 「有限会社平沢製作所」を「株式会社ヒラサワ」(資本金2500万円)に改組、初代社長に平澤喜久雄が就任  
昭和62年 第4期の製品開発でコンピューター技術を採用、次々とCPUを搭載したテーハー製品の販売を開始
CPU搭載の第2世代ウォータージャケットCO2培養器を発表し、販売を開始
 
平成3年1月 「大阪営業所」を開設し、関西地区の販路拡大とサービスの充実を図る
事務処理にコンピューターを採用してOA化を推進し、業務の合理化を図る
 
平成4年 第3世代ウォータージャケットCO2培養器など、時代の要求に応じた各種の新製品を発売  
平成5年 CO2培養器に標準型、エコノミー型、大型、ベビー型など、あらゆる要求にも適応するシリーズ完成
新型高圧滅菌器、ウィークリー恒温器など新製品の発売を開始
 
平成6年 総合カタログNo.28を発行・配布  
平成13年5月 技術センターを足立区に拡大移転  
平成15年4月 創業80周年(会社設立57周年)を迎える  
平成25年4月 創業90周年(会社設立67周年)を迎える  
平成26年8月 現在に至る